先輩・仲間たちの声|社会福祉法人成田山福祉財団 成田学園
         
 
保育士・Aさん
先輩たちが子ども達のことを第一に考えて動く姿勢を
目の当たりにし、ここで働きたいなと思いました

現在の仕事内容

職員は常に複数勤務体制です。複数の職員が力を合わせて子どもたちを養育しています。 一人で対応できない時は、それを見た他の職員がすぐに応援に入ります。 新任職員を孤立させません。 新任職員は先輩職員の仕事を見て学び成長することができます。 おもいやりの心を醸成し、みんなで力を合わせて仕事をすることの喜びがあります。

志望理由

初めは、保育園で働きたいと考えていましたが、短大2年生の時の実習を成田学園で行った時、学校の授業だけでは分からなかった仕事内容や、子ども達との関わりを、実際に現場で見ることで、養護施設の良さを知り、子ども達の明るい笑顔、先輩方の子ども達のことを第一に考えて動く姿勢を目の当たりにし、ここで働きたいなと思ったからです。

仕事の魅力・やりがい

人間との関わりなので、相手がいくら子どもであれぶつかり合う時はたくさんあります。しかし、そこを乗り越えお互いの信頼関係が生まれたり、分かり合うことができた時に、きちんと向き合えてよかったな、と感じます。これがこの仕事のやりがいだなと思いました。

印象に残っていること

担当児童が「先生みたいに将来先生になりたい!」と言ってくれたときは、とても嬉しく思いました。私自身も、子ども達のいいお手本となる保育士にならねばと、改めて思いました。

ページトップヘ